【EUR/USD】 正念場(がいっぱい) - FXプロフェッサー鈴川克哉の大人なFX

【EUR/USD】 正念場(がいっぱい)

昨日のEUR/USDは懸念事項であったギリシャに対する第二次支援策がまとまるとの期待から買われ、1/29からの上値抵抗線である1.32を超えて1.3250付近まで上昇しました。

EUR/USD 4時間足のチャートです。
EURUSD0207+4hour_convert_20120208112829.jpg

バーナンキFRB議長の上院議会証言では先週の雇用統計の数字から金融政策の変更についての言質はなく、こちらもドル売りをサポートしました。またEUR/JPYも1/30以来の101円台にのせたために102円直前まで上昇しました。

EUR/JPY 4時間足のチャートです。
EURJPY0207+4hour_convert_20120208112647.jpg

昨日朝、昨年11月にも当局日銀が覆面介入を1兆円以上実施したことが財務省から公表され、安住財務相がインタビューにおいて「国益を守るために必要ならいかなる措置も取ると言っている。それを行動に移しただけ」と断固たる態度を示したためにUSD/JPYが底固く推移し76円50銭から77円付近まで上昇したのもユーロ円の上昇をサポートしました。

ただしギリシャについては、依然として不透明なままであり、1.3250、あるいは102円レベルでは戻りの売りが厚いようです。またUSD/JPYについても今後の介入については市場では懐疑的な見方が多く、ユーロのここからのもう一段の上昇は難しいと考えます。また対豪ドルでも昨日予想に反してRBAが金利据え置きを決定したためにユーロの売りは続いており1.22台で頭が重くなっています。

ギリシャ問題の行方に加えて、明日夜にはECBの理事会が予定されており、今回の会合では利下げはないとの大方の予想ではありますが、会合後のドラギ総裁の発言も合わせて注意しなければいけません。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント

ギリシャに振り回されて

うーん、ギリシャには振り回されっぱなしですね。
世界経済的にはそれほど、大きな国ではないはずが、この国の動向で大きく流れが変わる。

今後のユーロやドルの動きが楽しみです。

2012-02-08 12:15 | from ギリシャの謎 | Edit

No title

こんにちわ。りょうぼーずと申します。
いつもブログ見させていただいています。

応援ポチw

2012-02-08 16:16 | from りょうボーズ