【EUR/USD】 半値戻しまで - FXプロフェッサー鈴川克哉の大人なFX

【EUR/USD】 半値戻しまで

EUR/USDの頭が重い展開が続いています。13日にはギリシャ議会の財政緊縮案可決のニュースのために1.33直前までかわれたものの、昨日朝のムーディーズのイタリア、スペイン、ポルトガル格下げ、フランス、オーストリアなどの格付け見通しの「ネガティブ」への変更、により下落し、ロンドン時間に15日に予定されていたユーロ圏財務相会合が電話会議に変更のされたために、さらに1.31割れ水準まで売られ、本日は若干戻ったものの1.3160付近で小動きとなっています。

EUR/USD 8時間足のチャートです。
EURUSD0215+8hour_convert_20120215130213.jpg

対円では103円台から101円台まで昨日の段階では下落しましたが、昨日日銀が予想外の追加緩和策を発表したためにUSD/JPYが買われ、昨年の介入後の11月高値である78円30銭付近を抜けて78円50銭付近まで上昇したためにとりあえず103円台までは戻しています。

EUR/JPY 8時間足のチャートです。
EURJPY0215+8hour_convert_20120215130103.jpg

対ドル、対円ともに昨年12月初旬にもみ合ったレベルを抜けることができず、昨年10月末の日銀の介入以降の高値、安値の半値を回復していません。ユーロ自体のハードルが高い状態が続いており、日銀の追加緩和策によりさらに円が安くなる勢いがつくことがあればEUR/JPYの上昇も見込まれますが、現状ではあまり勢いを感じません。
戻ったところが売られる流れは目先変わらない気がします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
非公開コメント