【AUD/JPY】 瀬戸際 - FXプロフェッサー鈴川克哉の大人なFX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【AUD/JPY】 瀬戸際

週明け月曜日のAUD/USDは、先週のクローズとほぼ同じ1.0420付近でスタートしましたが、
今朝発表となった中国の製造業PMIの数字が、改善したものの予想よりも悪かったために、
1.0385付近まで売られたものの、やや戻して、1.04付近での出会いとなっています。

AUD/USD 日足のチャートです。
AUDUSD0401 day


先週金曜日と同様、イースターマンデーのためほとんどの海外市場が休場となっているため、
市場の流動性が乏しく、ややブレが激しい動きとなっています。

AUD/JPYは98円20銭付近でのスタートでしたが、こちらも売られ、97円60銭付近での
出会いとなっています。

AUD/JPY 日足のチャートです。
AUDJPY0401 day

豪ドル円に引きずられる形で、USD/JPYが、3/6以来なんとか保っている94円台を
割り込んでおり、120円を一時割り込んだEUR/JPYなどとともにクロス円が
重くなってしまっています。

対ユーロでは、先週末にかけて、節目である1.22台割れぎりぎりまで売り込まれたユーロが
やや戻しており、こちらも豪ドルが弱い動きとなっています。

EUR/AUD 日足のチャートです。
EURAUD0401 day


明日開催が予定されているRBA理事会では、金利の据え置きの予想ではありますが、
3月に入ってから対円で完全に100円トライに失敗した形となっており、2月以降の高値、
安値の38.2%戻しの水準である97円30銭付近が、3月のキプロス問題後の安値と
並んでいますので、ここを割り込むと95円付近までの調整の可能性が出てきます。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。