未来予測のフォーキャストチャート「日銀緩和後のドル/円は?」 - FXプロフェッサー鈴川克哉の大人なFX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来予測のフォーキャストチャート「日銀緩和後のドル/円は?」

日銀黒田総裁の金融緩和は、異次元・バズーカと言われる内容で、為替相場は大きく円安に振れています。

さて、ドル/円の100円も視野に入ってきた中で、更なる円安ドル高はあるのでしょうか?

2013年4月10日に、上田ハーローFXでFXプロフェッサーがセミナーに登場します。黒田日銀総裁後の為替相場に対する戦略とタイムリーな話題についてお話ししますので、皆様、お聞きください。

フォーキャストチャートで為替相場予測

上田ハーローFXのフォーキャストチャートでドル/円相場を見てみましょう。

2013年3月11日のドル/円:月足チャートを見た形では、100円を天井に下落する形が中心でした。

ドル/円のフォーキャストチャート:月足

2013-04-08 20-13-09

月足のフォーキャストチャートを見ると、120円を超えて円安が進行していく未来図を描く足もあります。全体的に105円あたりが一つの目標になります。

ドル/円のフォーキャストチャート:週足

2013-04-08 20-16-42

おっと、週足チャートは綺麗に二つに分かれました。105円近辺に上昇する足と、すぐさま下落する足と二本ずつです。

ドル/円のフォーキャストチャート:日足

2013-04-08 20-18-52

日足は、また微妙な形を形成しています。金融緩和前は、市場の期待に対してそこまでの施策ができないのではないか?と懐疑的な目が向けられていました。

その分、一挙に上昇しました。ここからの相場はフォーキャストチャートの日足で見ると少し難しい局面かもしれません。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。