【AUD/USD】 半値戻し - FXプロフェッサー鈴川克哉の大人なFX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【AUD/USD】 半値戻し


週明け月曜日のAUD/USDは、金曜日の終値である1.0280付近でスタートし、1.0360付近
まで上昇しています。

AUD/USD 4時間足のチャートです。
AUDUSD0430 4hour

とくに目立つ理由はありませんが、参加者が少ない中、金相場、原油相場などの商品市況
は落ち着いた中、底固く推移し、昨日の欧米の株式市場も買われたため上昇しているようです。

1.04の水準が200日移動平均線が走り、4月以降の高値、安値の50%戻しのレベル
となっていますので、4/半ば以降頭を押さえられているため、ここを抜けることができるかが
節目となります。

対円では、100円突破に失敗し、99円台も重くなった感のあるUSD/JPYの重さに引きずられ、
一時は100円台前半まで下落しましたが、ここは反発し、101円台前半での取引となって
はいますが、こちらも4月に入ってからの半値レベルであり、上にも下にも動きにくく
なっている様子です。

AUD/JPY 4時間足のチャートです。
AUDJPY0430 4hour

対ユーロでは1.26台でのレンジ相場が続いており、依然として若干ユーロ高、豪ドル安
ではありますが、あまり動意がありません。

EUR/AUD 4時間足のチャートです。
EURAUD0430 4hour

前回のレポートで述べた対NZDでは1.20台後半から1.21台での取引となっており、
こちらもNZD買い、豪ドル売りの傾向は変わりません。
このまま、1.20台を割り込むことになりますと、さらに下落が加速すると見ています。

AUD/NZD 4時間足のチャートです。
AUDNZD0430 4hour

AUD/NZDの取引の場合、NZD/USD買い、AUD/USD売り、あるいはNZD/JPY買い、AUD/JPY売り
のいわゆる「合成ポジション」でのポジションメイクも可能です。

この場合、売買するAUDとNZDの比率を1:1.2にすることにより、AUD/NZDのポジション
になります。

合成ポジションについいてはこちらのレポートをご覧ください。

合成ポジション
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。