【EUR/USD】 ドラギ待ち - FXプロフェッサー鈴川克哉の大人なFX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【EUR/USD】 ドラギ待ち

昨日のEUR/USDは、LDN時間までは1.31付近の小動きでしたが、NY時間に入り、発表された
米シカゴPMIの数字が悪く、また月末の実需のフローもあったようで、1.3180付近
まで上昇しました。

EUR/USD 日足のチャートです。
EURUSD0501 day


EUR/JPYは127円20銭付近から128円50銭付近までと、そこそこ動意はあったものの、
今週の高値安値をどちらも抜けることができず、持ち合い相場となりました。

EUR/JPY 日足のチャートです。
EURJPY0501 day


やはり、98円、97円と上値が切り下がってきているUSD/JPYの重さに変化がなく、
押し目の買い意欲はあるものの、相場を大きく円安にもってゆくパワーが感じられないため、
徐々に下値不安が大きくなってきています。

対ドル、対円ともに4月半ばの高値を超えることができないまま、円安の反動がさらに
続くとユーロ自体の下落も可能性が出てきますので要注意です。

対ポンド、対スイスいずれも、ユーロの頭打ちとなっていますので、いずれも走りだすと
連鎖的に下落サイクルになりますが、明日のECB理事会、ドラギ総裁の会見を控えて
本日は欧州市場がほぼ休みとなり、とりあえずは様子見になります。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。