【EUR/JPY】 ドル相場 - FXプロフェッサー鈴川克哉の大人なFX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【EUR/JPY】 ドル相場

週の前半は1.30台をキープしていたEUR/USDですが、14日に発表された独ZEW景況感指数が
予想を下回り、1.29台に下落した後も、昨日のユーロ圏、独、仏の1-3月期GDPが
やはり悪く続落、4/4以来の1.2850付近まで下落しました。
その後のNY市場で発表された米国の指標が悪かったために、ドル売りとなり、
若干ユーロも買い戻されましたが、1.29台には戻らず1.28台後半での取引となっています。

EUR/USD 日足のチャートです。
EURUSD0516 day

対円では131円台半ばから132円台半ばでのレンジ相場となっています。
相場が完全にドル相場と化しているため、クロス円はトレンドが出にくくなってきています。

EUR/JPY 日足のチャートです。
EURJPY0516 day

130円台に乗せて以降、高値を目指す雰囲気が完全に消えてしまっており、たとえUSD/JPYが
103円台の高値をつけに行こうとしても、円安の動きではなく、ドル高の動きであるため、
EUR/USDが下がってしまい、結果的にEUR/JPYの動きがぼけてしまうのです。

EUR/USDは200日移動平均線を下抜けており、昨年秋以降の安値、高値の半値戻しの水準が
1.2875を走っていますので、維持できないとなると昨年11月の安値である1.2660付近を
目指す動きとなってしまいます。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。