【EUR/USD】 一転ドル買い - FXプロフェッサー鈴川克哉の大人なFX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【EUR/USD】 一転ドル買い

昨日開かれたFOMCにおいて米FRBは、予想通り金融政策の変更はありませんでしたが、
バーナンキ議長の会見において現在月額850億ドルの資産買い入れプログラムの年内縮小、
来年半ばごろの停止を発表し、金融緩和の道を緩和縮小へかじを取ったことを宣言しました。
これにより、市場は素直にドル買いとなり、USD/JPYは95円付近から97円に、
本日はさらに円安が進み98円台まで上昇しています。

EUR/USDは1.34付近から1.33割れまで、さらに本日は1.32台前半まで下落しています。

EUR/USD 日足のチャートです。
EURUSD0620 day


EUR/JPYは128円付近での高下でしたが、円安の動きがやや勝り、6/11以来の高値
である129円台後半まで上昇しています。

EUR/JPY 日足のチャートです。
EURJPY0620 day


米国をはじめとする株価は金利の先高感を嫌気していずれも下落しており、ドル暴騰
とはなっていませんが、本日米国株式市場がそこそこの動きであれば
(昨日の下落もダウ平均は15000ドルを割り込んでいません)ドル堅調の動きは継続となり、
日経株価も13000円台をキープしており、となると、ドル買いの流れは円安にも続きますので、
4月の水準である100円をトライする動きとなるでしょうか。

EUR/USDは1.34で頭を押さえられた形となり、1.32台をキープできないと1.30付近まで
下落の可能性が出てきます。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。