【AID/USD】 土砂降り - FXプロフェッサー鈴川克哉の大人なFX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【AID/USD】 土砂降り

20日のFOMCにおけるバーナンキ議長の資産買い取りプログラムの縮小発言により、
AUD/USDは2010年9月以来の安値である0.9160まで下落し、本日はやや反発したものの、
0.92台半ば、とやはり頭が重い動きが続いています。

AUD/USD 1時間足のチャートです。
AUDUSD0621 1hour

中国のHSBC製造業PMIの数字も悪く、豪ドルに対しての逆風は変化ありません。

昨日は米株が急落し、金相場をはじめとして商品市況も下落、6月に入って下落していた
ドルインデックスも反発、とドル買いの動きが本格化となっており、引き続き金利策安感
のある豪ドルの反発の兆しはまだ見えてきません。

対ユーロでも1.43台と2010年8月以来のユーロの高値を更新しており、
1.45~1.50を目指す動きとなっています。

EUR/AUD 1時間足のチャートです。
EURAUD0621 1hour

AUD/JPYは90円台を割り込み、6/13につけた88円台までは下がらなかったために反発しましたが、
それでも90円台前半と、こちらも頭が重い展開は変わりません。

AUD/JPY 1時間足のチャートです。
AUDJPY0621 1hour

20日以降の株価の乱高下によりUSD/JPYは97円~98円での動きとなっており、こちらはやや
落ち着きを取り戻してはいますが、豪ドルについては、対ドル対ユーロでの売りがあるため、
対円の戻りは他のクロス円に比べて鈍くなっています。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。