【AUD/USD】 サプライズは? - FXプロフェッサー鈴川克哉の大人なFX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【AUD/USD】 サプライズは?

週明け月曜日のAUD/USDは0先週金曜日のクローズである0.9120付近でスタートし、
先ほど発表された中国の6月製造業PMIがほぼ予想通り、50.1となんとか50を割り込まない数字
であったために、やや反発し、0.91台後半での取引となっています。

AUD/USD 日足のチャートです。
AUDUSD0701 day

先週金曜日は、米国株式が1500ドルを割れてクローズし、金相場も2010年8月以来の1200ドル割れ
となり、AUD/USDも2010年9月以来の安値をわずかですが更新しています。

AUD/JPYはやはり先週金曜日の安値付近である90円50銭でスタートし、豪ドル自体の上げに加え、
今朝発表になった日銀短観の結果が良かったことから、USD/JPYが99円台半ばまで上昇
したこともあり、91円台まで値を戻しています。

AUD/JPY 日足のチャートです。
AUDJPY0701 day

対ユーロでは1.42台付近と、先週ややユーロ買い豪ドル売りに振れた水準での取引となっています。

EUR/AUD 日足のチャートです。
EURAUD0701 day

先週の中国に対する金融不安懸念はある程度消えてきてはいますが、対ユーロでやや豪ドル売り
が続く中、ユーロ自身が1.30付近で頭が重くなっていますので、対ドルでの安値の更新がじりじりと
続いているという印象です。

USD/JPYも今週は100円をトライする様相ではありますが、99円台後半での戻り売りは厚いようで、
AUD/JPYとしても、昨年秋以降の安値高値の半値、あるいは200日移動平均線を割り込んで以降、
戻りの売りが重くなっている印象です。

とはいえ、90円割れには引き続きおしめの買いが控えているようですので、下げにくいのは確かですが、
次に89円を割り込むと下げが加速する可能性が高くなりますので要注意です。

明日は、RBAの理事会が予定されており、政策金利の変更はなしの観測ではありますが、
利下げ懸念は強く、思惑に反しての金利変更をRBAはたまに行いますので、要注意となります。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。