【AUD/USD】 調整か反騰か - FXプロフェッサー鈴川克哉の大人なFX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【AUD/USD】 調整か反騰か

週明け月曜日のAUD/USDは先週のクローズとほぼ同じ0.9050付近でスタートし、
昨日から本日にかけて豪ドルの買い戻しが入り、0.92付近まで上昇しています。

AUD/USD 1時間足のチャートです。
AUDUSD0709 1hour

目先の安値であり、大きな節目である0.90をなんとか割り込まなかったために、
このところ続いていたドル買いの調整が出た模様です。

今週に入って、株式市場が堅調なこともあり、ややリスク志向の資金の流れ
となっているのでしょうか。

AUD/JPYは92円付近でオープンしましたが、6月の半ばから頭を押さえられていた
92円50銭を抜けたために6/11以来の高値である93円付近まで上昇しています。

AUD/JPY 1時間足のチャートです。
AUDJPY0709 1hour

対ユーロでも節目である1.40付近までユーロの下落、豪ドルの上昇となっており、
全般的に豪ドル買い戻しの動きとなっています。

EUR/AUD 1時間足のチャートです。
EURAUD0709 1hour


いずれも、特に豪ドルに対してポジティブなニュース等が出ているわけではなく、
対ドル、対円で0.90、90円と言う大台を割り込まなかったための押し目買いが、
中長期的な豪ドル売りに勝ったというところでしょう。

市場は、明日のFOMC議事録、あるいはバーナンキFRB議長の講演に注目しており、
イベント前の調整に過ぎないとみていますが、対ドルの0.92、対円の94円
あたりの高値を抜いてくるとさらに豪ドルの回復もあり得ます。

いずれにしても、市場はドルの動向如何であることは変わらず、株式市場の動向
をにらみながらも、明日の結果待ちとなるのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。