【GBP/USD】 ドル売り終了? - FXプロフェッサー鈴川克哉の大人なFX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GBP/USD】 ドル売り終了?

昨日のGBP/USDは7/4以来の高値である1.5250付近まで上昇しましたが、反落し1.51台半ば
での取引となっています。

GBP/USD 日足のチャートです。
GBPUSD0718 day

昨日発表となったカーニー新総裁のもとでの初めてのMPC(金融政策委員会)の議事録
が発表となり、資産買い取り額の据え置きが全員の賛成となったことが判明したことから
ポンドの買いが入りましたが、1.53台に乗せることはできませんでした。

GBP/JPYは99円台で推移していたUSD/JPYが100円台を回復したこともあり、150円ちょうど
の水準から152円付近まで2円程度の急騰となりました。

GBP/JPY 日足のチャートです。
GBPJPY0718 day

また、対ユーロでは、引き続き0.84~0.86のレンジの高値を超え0.87台若干ユーロ買い、
ポンド売りとなっていましたが、昨日のポンド上昇で結局0.86台まで戻っています。

EUR/GBP 日足のチャートです。
EURGBP0718 day

昨日のバーナンキFRB議長の議会証言では、QE3の年内縮小、来年半ばの終了のスケジュール
に変化はないものの、今後の経済指標によるとのコメントにより、市場の動きは落ち着いたもの
となっています。

これで、ユーロ、ポンド、ともに急激なドル売りの動きは回避されることとなり、今後の
米国雇用情勢を睨みつつの緩やかなドル買い傾向が再開される、というところでしょうか。

ポンドは、対ユーロでは今年に入ってからのレンジを大きく抜けることはないようですので、
やはりドルとの金利情勢次第となります。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。