【EUR/USD】 ドルに弱み? - FXプロフェッサー鈴川克哉の大人なFX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【EUR/USD】 ドルに弱み?

昨日のEUR/USDはロンドン市場が休場の中、米国の7月耐久財受注が予想を下回る前月比-7.3%
と落ち込んだためのドル売りのため、1.34台を回復したもの維持できず、結局1.3370付近
の取引となっています。

EUR/USD 1時間足のチャートです。
EURUSD0827 1hour

EUR/JPYはスタートは132円台でしたが、シリア情勢についての米国国務長官の発言により
米国の軍事介入の可能性が嫌気された米国株式市場の下落からの円買いもあり、131円50銭付近
まで下落、本日の日本株式市場の続落のため、USD/JPYが98円ちょうど付近まで
反落したこともあり、131円台前半まで下値を広げてきています。

EUR/JPY 1時間足のチャートです。
EURJPY0827 1hour

先週金曜日の新築住宅販売件数、昨日の耐久財受注、と米国経済指標が悪化しているため、
注目されているQE縮小の9月スタート予想期待がしぼんできており、主要通貨でドルの頭が
重くなってきています。

さらに、中東情勢の緊迫化による円買いもあり、7月末以来の100円超えトライとみられたのが
三角持ち合いの抵抗線で押さえられるとなると、今度は98円の下値支持線を割り込み96円の安値
にトライする可能性が高くなります。

対ドルでは200時間移動平均線の走る1.3350を割り込まず上昇トレンドを維持しているように見えますが、
対円ではUSD/JPYの下落が進むと130円割れとなる可能性が高くなります。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。