【AUD/USD】 盛り沢山 - FXプロフェッサー鈴川克哉の大人なFX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【AUD/USD】 盛り沢山

週明け月曜日のAUD/USDは週末に発表された中国8月の製造業PMIが予想を上回る良い数字
だったために、先週金曜日の終値よりも若干高い0.8930付近でスタートし、その後も米国
のシリア攻撃が先送りされ、株価も上昇したために買われることとなり0.90台を回復
しています。

AUD/USD 1時間足のチャートです。
AUDUSD0903 1hour

本日開かれたRBAの理事会では予想通り政策金利は据え置き、となり声明文もほぼ
これまでのものを踏襲しています。

AUD/JPYは88円ちょうど付近でスタートしましたが、三角持ち合いの上限をブレークした
USD/JPYが一気に99円台後半まで上昇したのにサポートされ、8/19以来の90円台まで
2円もの上昇となりました。

AUD/JPY 1時間足のチャートです。
AUDJPY0903 1hour

EUR/AUDも8/19以来のユーロ安、豪ドル高のレベルである1.45台後半まで豪ドルが
買い戻されています。

EUR/AUD 1時間足のチャートです。
EURAUD0903 1hour

対ドルでは8/19の高値である0.92台の高値から8/28、8/31の0.89台割れの安値までの下落幅
の38.2%は戻したものの、半値戻しのレベルである8/26の高値の0.9060台までは到達していません。
ここから0.90台を維持できるかどうかが、非常に重要となります。

対円も90円を回復できることになると、7月末からのダブルボトムが完成し7月高値の93円台を
目指すことになりますが、USD/JPYの99円~100円台にかけての戻りの売りが厚いと見られるために、
まさに正念場となります。

対ユーロで1.4450を割り込んできますと、豪ドルの反発も本物になる気がします。

明日、4-6月期GDP、木曜日7月貿易収支、と指標が続きますので、いずれにしても、
動向に注意することになります。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。