【AUD/USD】 政権交代 - FXプロフェッサー鈴川克哉の大人なFX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【AUD/USD】 政権交代

週明け月曜日のAUD/USDは金曜日のクローズである0.92付近でオープンし、
やや動きはあるもののほぼ同水準での取引となっています。

AUD/USD 日足のチャートです。
AUDUSD0909 day

先週金曜日の米8月雇用統計の数字が予想を下回ったためのドル売りにより、
0.9150付近から買われた水準での取引ですが、7月末からの
レンジの高値である0.9225は抜けず、高値での揉み合いとなっています。

AUD/JPYは2020年オリンピック東京開催決定による円安の動きにより
金曜日のクローズから70銭ほど窓を開けた91円70銭付近でオープンし
一時は7/24以来の92円台に乗せたものの、100円台に乗せていたUSD/JPYが
99円50銭付近まで反落したため、91円60銭付近での取引となっています。

AUD/JPY 日足のチャートです。
AUDJPY0909 day

EUR/AUDは8月に入ってからのレンジの下限である1.4450の安値を9/4にブレーク
したために、ユーロ売り、豪ドル買いが進んでおり1.43台前半での取引となっています。

EUR/AUD 日足のチャートです。
EURAUD0909 day


週末に行われた総選挙において、野党であった保守連合が6年ぶりに労働党から
政権を奪還しました。保守連合は、労働党時代に導入された炭素税の撤廃、
法人税の引き下げ等を主張し、いわゆる「小さい政府」を目指す政策をとるもの
とみられており、週明けオーストラリアの株式市場は上昇して始まっているため、
為替市場でも豪ドルは強含みとなっています。

先週発表された4-6月期GDPは前期比+0.6%と予想を上回る成長となり、さらに中国
の経済指標も好調となっているため、対ユーロでの豪ドル買いが、対ドルの上値抵抗線
である0.92台前半を超える動きにつながりますと、豪ドルの底上げも本格的
になる気がします。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。