【EUR/JPY】 強弱まちまち - FXプロフェッサー鈴川克哉の大人なFX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【EUR/JPY】 強弱まちまち

週明け月曜日のEUR/USDは、金曜日の米国8月雇用統計の悪化に伴うドル売りと、ロシアの
シリア化学兵器の引き渡し提案による米国の軍事介入回避の可能性から、ユーロ買い戻しが
強くなり、8/29以来の高値である1.3280付近まで上昇し、やや反落したものの本日も
1.3250付近で底固い動きとなっています。

EUR/USD 1時間足のチャートです。
EURUSD0910 1hour

EUR/JPYはユーロの堅調に加えてUSD/JPYが昨日の99円台から再び100円の大台に乗せてきている
ことにサポートされて7/24以来の132円50銭台まで上昇しています。

EUR/JPY 1時間足のチャートです。
EURJPY0910 1hour

今週に入ってからの中国の経済指標がいずれも好調なため、全般的に株価が上昇し、
シリア情勢の緊張の緩和によりリスク志向の傾向となっており、円売り、豪ドル買い、
ユーロ買い、英ポンド買いとなっており、クロス円は底固い印象となっています。

ただし、ユーロについては、対豪ドル、対ポンドでは8月以降のレンジの下限を
割り込んできており、対ドルでも8月以降の高値安値の半値水準である1.3280で
頭が抑えられ、対円でも5月の高値である133円台には届かず、やや見劣りがしています。

USD/JPYについては9/2に持ち合いを上抜けて以降、100円の壁が厚い印象でしたが、
先週金曜、月曜、火曜と3度のトライで壁を突き崩している様子ですので、大台定着に成功すると
7月高値、5月高値を取りにゆく流れとなる気がします。

USD/JPY 8時間足のチャートです。
USDJPY0910 8hour
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。